プラズマ分光分析研究会 第110回講演会
- ICP質量分析法を用いたナノ粒子科学 -

主催: プラズマ分光分析研究会
協賛: (公社)日本化学会・(公社)日本分析化学会・(公社)日本分光学会・
(公社)日本薬学会・(一社)電気学会
日時: 2020年11月10日(火)10:00〜17:40
場所: 東京大学理学部化学本館5階講堂
  東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本郷キャンパス構内)アクセスはこちら

 プログラム

10:00-10:10

開会の辞

京都大学 
  宗林 由樹
10:10-11:00

ナノ粒子分析のためのシングルパーティクル(SP)-ICP-MS法
 〜原理の振り返りと今後の展開〜

パーキンエルマージャパン
  小林 恭子  

11:00-11:50

有機溶媒におけるSP-ICP-MS測定

東芝ナノアナリシス
  小林 由幸

11:50-12:50
昼食
  
12:50-13:10

プラズマ分光分析研究会
  学術賞,奨励賞,特別功労賞 授賞式

受賞者一覧はこちら   
13:10-13:30

奨励賞受賞講演1
 大気圧プラズマを用いた新しい微少量試料分析手法の開発

理化学研究所
  岩井 貴弘
13:30-13:50

奨励賞受賞講演2
 Single-particle/cell ICP-MSの高度化に資する新規システム開発に関する研究

産業技術総合研究所
  宮下 振一
13:50-14:40

金属ナノ粒子の魚体内からの分析と結果

東洋大学
  柏田 祥策
14:40-15:30 シングルパーティクルICPMS法を用いた微細藻類のヒ素取り込み挙動の測定

東洋大学
  長谷川 浩

15:30-15:50
休憩
  
15:50-16:40

レーザーアブレーション-ICP-MS法を用いたナノ粒子の粒径・イメージング分析法の開発

東京大学
  山下 修司

16:40-17:30 3次元組織を対象としたナノ粒子の定量イメージング

味の素
  荒川 哲大

17:30-17:40 閉会の辞 東京工業大学
  沖野 晃俊

 講演会参加費
会員 1,000円,非会員 3,000円,学生会員 1,000円,学生非会員 2,000円
要旨集のみの購入 1冊 1,000円

  ※当研究会の年会費は3,000円(学生会員は1,000円)です。
   全講演会要旨集の無料送付等の特典がありますので,ぜひこの機会にご入会下さい。
     ご入会の手続きはこちら

 定員
   70名(変更になる場合があります)(定員に達し次第,締め切らせて頂きます)
 ※300名定員の会場ですが,新型コロナ対策のため,参加定員を少なくしています。

 申込方法
メールの件名を「プラズマ分光分析研究会第110回講演会」とし,お名前・ご所属・電話・できれば会員番号をお書きのうえ,E-mailで下記事務局までお申し込み下さい。

 参加申込締切
2020年10月30日(金)

 お問い合わせ先
226-8502 横浜市緑区長津田町4259-J2-32
 東京工業大学 未来産業技術研究所 沖野研究室内 Link
  プラズマ分光分析研究会事務局
    E-mail:office@plasma-dg.jp
    Tel, Fax:045-924-5688