プラズマ分光分析研究会 第111回講演会
> 古田直紀先生退職記念講演会
− プラズマから環境・生体へ −


主催: プラズマ分光分析研究会
協賛: (公社)日本化学会・(公社)日本分析化学会・(公社)日本分光学会・
(公社)日本薬学会・(一社)電気学会
日時: 2021年3月19日(金)10:00〜17:30
場所: 東京大学 山上会館 2階大会議室(予定)
  東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本郷キャンパス構内) アクセスはこちら

 プログラム (タイトル等が変更になる場合があります)
10:00-10:10 開会の辞
京都大学
  宗林 由樹
10:10-11:00 分光分析用大気圧プラズマの特性測定

東京工業大学
  沖野 晃俊

11:00-11:50

ICP-MSを用いたセレンの生物学・生化学

千葉大学
  小椋 康光

>11:50-13:00
昼食
  
13:00-13:50 古田研で学んだプラズマ分光分析と産総研での展開 産業技術総合研究所
  大畑 昌輝
13:50-14:40 PM2.5の起源を探る20年の歩み
〜計測から解析へ、解析から政策へ〜

高崎経済大学
  飯島 明宏

14:40-15:00
休憩
  
15:00-15:50

質量分析法による放射性核種の超高感度分析とその応用
〜古田研での留学から〜

量子科学技術研究開発機構
  鄭 建

15:50-17:20 誘導結合プラズマ(ICP)特性の解明とICPプラズマ分光分析法の進展 中央大学
  古田 直紀
17:20-17:30 閉会の辞 関西学院大学
  千葉 光一
17:30-19:30 懇親会(山上会館内,有料)  

 講演会参加費
会員 1,000円,非会員 3,000円,学生会員 1,000円,学生非会員 2,000円
要旨集のみの購入 1冊 1,000円

  ※当研究会の年会費は3,000円(学生会員は1,000円)です。
   全講演会要旨集の無料送付等の特典がありますので,ぜひこの機会にご入会下さい。
     ご入会の手続きはこちら

 講演会定員
   100名(変更になる場合があります)(定員に達し次第,締め切らせて頂きます)

 懇親会(記念祝賀会)
   参加費:3,000円,学生:1,000円
定員:100名(変更になる場合があります)(定員に達し次第,締め切らせて頂きます)
どなたでもご参加可能ですので,プラ研事務局までお申し込み下さい。
懇親会のみのご参加も可能です。

 申込方法
メールの件名を「プラズマ分光分析研究会第111回講演会」とし,お名前・ご所属・電話・できれば会員番号,懇親会参加の有無をお書きのうえ,E-mailで下記事務局までお申し込み下さい。

 講演会/懇親会参加申込締切
2021年3月5日(金)

 お問い合わせ先
226-8502 横浜市緑区長津田町4259-J2-32
 東京工業大学 未来産業技術研究所 沖野研究室内 Link
  プラズマ分光分析研究会事務局
    E-mail:office@plasma-dg.jp
    Tel, Fax:045-924-5688