会員限定ページ

プラズマ分光分析研究会 これまでの筑波セミナー

プラズマ分光分析研究会 2004筑波セミナー 使える前処理と信頼される測定値

閲覧にはID、パスワードが必要です。

プログラム

1

精度管理と標準物質 -分析の質の管理とトレーサビリティー-

千葉 光一((独)産業技術総合研究所)

2

コリジョン/リアクションセル技術のメリットと限界

高橋 純一(横河アナリティカルシステムズ(株))

3

メタロミクス(生体金属支援機能科学)の構築と分析化学の新展望

原口 紘き(名古屋大学大学院工学研究科)

4

ICP-MSによるヒ素のケミカルスペシエーション

貝瀬 利一(東京薬科大学)

5

水素化物発生法を利用したヒ素の化学形態別分析

中里 哲也((独)産業技術総合研究所)

6

還元気化 -超低温捕集- 原子吸光光度計を用いた飼料中ヒ素の形態別分析法

宮下 文秀((株)島津製作所)

7

マイクロ波分解法の上手な利用と限界

河野 宏彰(大阪市立工業研究所)

8

RoSH指令関連の公定分析

林田 昭司((社)日本化学工業協会)

9

RoSH指令に対応した樹脂試料の分析について

本橋 勝紀((財)化学物質評価研究機構)