プラズマ分光分析研究会は,日本分光学会と日本分析化学会の,どちらにも属さない独自の研究団体です。年3回の講演会と,夏期に泊まりがけの筑波セミナーを行うことにより,プラズマ分光分析法の発展と普及に勤めています。ここで言うプラズマには,誘導結合プラズマ(ICP),マイクロ波誘導プラズマ(MIP),グロー放電(GD), レーザー誘起プラズマ(LIP),カーボンファーネスやフレーム等が 含まれます。特に最近注目を浴びている分析法は,誘導結合プラズマ発光分析法(ICP-AES)及び誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)です。

会員の皆様に,これまでの講演会予稿集,筑波セミナー予稿集,プラズマスペクトロスコピー誌のバックナンバーの公開を始めました。ユーザ名とパスワードをご存知ない会員の方は事務局までお問い合わせください。

     
new講演会の予定 表彰制度 プラ研各賞受賞者
これまでの講演会
これまでの筑波セミナー
プラズマスペクトロスコピー
バックナンバー
維持会員企業リスト
世話人リスト
賛助会員企業リスト
歴代会長・副会長
1980年12月プラ研設立趣意書
不破敬一郎先生によるPlasma
Spectroscopy第1巻第1号巻頭言
会則
会員募集
事務局連絡先


バナー広告募集中





7th Asia-Pacific Winter Conference on Plasma Spectrochemistry (Nov.12 to 17, 2017)
プラズマ分光分析研究会では,2017年11月12日から17日まで,松江でAPWC2017を開催しました。
多数の皆様のご参加とご発表,ありがとうございました。